おもいやりのある運転を

 2016 年 10 月 21 日 金曜日

山々も色づきはじめ日が落ちるのもだいぶ早くなり冬の足音が聞こえてきましたが、もう少し秋を満喫したいものですね。

日が落ちると言えば、国土交通省が自動車のヘッドライトの自動点灯機能(オートライト)の義務化を決めたみたいです。(2020年度以降の新車から)

オートライトを義務化する最大の原因は、朝や夕方の薄暗い時の事故を大幅に減らそうとしたことにあります。

特に夕方ですが、交通死亡事故の13%に当たる人が日没の1時間前後に事故を起こしており、法律では日が暮れてからライトを点けることが決められているのですが、それを守っている人は全体の約20%ほどしかいないのだそうです。

交通安全の意識が高い人であれば少し暗くなった段階でもヘッドライトを付けて走っているのですが、やはり運転者全員が同じレベルの事をできるわけではないと国が判断したのでしょうね。

天気の悪い日や夕方の早めのライト点灯は、歩行者や対向車にとって自分の存在を教える為に大事なことですし『おもいやり』のある行為です。義務化になるならないに関係なく、おもいやりのある優しいドライバーを目指し早めのライト点灯を意識してみて下さい。

その他の山形情報鶴岡情報酒田情報は下記をクリック
↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 山形(市)情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ

コメントをどうぞ